【営業】岩本

木の性格を1本1本見極めて、
「お客さまが喜ぶだろうなぁ!」と思う木材を仕入れています。

1【所属・役職】営業 材木仕入

【出身】茨城県
【資格・特技】
ダジャレ(「ポンポンとよく出ますね」と言われます)
【お休みの日は何してる?】
家の掃除、窓も拭くだけでなくサッシまで徹底的に掃除します。
大掃除も12月と5月の年2回、徹底してやります。
あとは車の洗車、ワックスをかけて、乾く間に中にも掃除機かけます。
最近ドイツのケルヒャーの掃除機を買ったのですが、すごい威力で窓ピカピカになります。
もともとキレイ好きなので、会社でも整理整頓を欠かしません。

あなたのお仕事は?

営業と木材の仕入れを担当してします。
もともとは仕入のみの担当でしたが、5年ほど前から「営業も兼任で」と言われ、
仕入れもしながら、年間4~5棟ほどお世話させていただくようになりました。

お客さまに「私はもともと材木商です」というと、木の家を作りたい方は喜んで下さいます。

木材は市場まで仕入れに行きます。
気に入った木、よい材木は、多少値を上げてでも競り落とします。
木にも1本1本性格があるので、それを見極めて、よい材木を仕入れるようにしています。

営業を始めた頃は、お客さまのお宅に行っても断られたり、
居留守を使われたり、なかなかアポがとれませんでしたが、
だんだんとお客さまも話を聞いてくれるようになり、アポがとれるようになってきました。

今では、初めて伺うお客さんのところでも、
お茶をだしてくれたり、「上がって行ってよ」と言われることもあります。

通常、プランを出すまで2ヵ月くらいかかります。
もちろん設計も大事ですが、
実際お客さまとは建物のことはあんまり話してないんですよ。

この前も電話がかかってきて「今どこにいる?」って、
栃木に嫁いだ娘さんが家を建てるから「行って来て」って言うんです。
すでに他社で進めていたプランだったのですが、ウチでやらせてもらえそうです。

ゴボウ茶農園をやっているお客さんも、
行く度にゴボウ茶をご馳走になって色々お話しているうちに、
娘さんが「家を建てたいけど解体いくらくらいかかるか知りたいんだけど」って
声をかけてもらったり。人から人へと繋がる仕事だと思います。

この会社に入ったきっかけは?

真壁町にあった篠屋材木店のすぐ近くに実家があり、
日通の運転手をしていた父と先代の会長が知り合いだったんです。

昔はどこの材木屋さんも自社トラックなんて持ってなくて、
木材の運搬は運送業者に頼んでいたんですよ。

当時私は、材木を販売する会社に勤めていたのですが、
会長に「ウチで働かないか」と声をかけられました。

しかし、当時まだ前の会社に入社して5年目「まだ経験も浅いので」と一度は断りました。

すると10年目にまた会長から声がかかったんです。
前の会社は社長しか仕入れや値決めができなかったので、
「木材の仕入れや販売まで任せてくれる」というところに魅かれました。
まだ目利きには自信がありませんでしたが、
「塩にぎりでもなんとか生活できるから」
と妻を説得して、篠屋で働くことになりました。

そうして会長に教わりながら一から仕入れを覚えていきました。
本当に人には恵まれたと思います。

30数年前、
「いずれはつくばが栄えるだろう」ということでこちらに移ってきたのですが、
当時は、社長が夜営業して、昼に現場を見て回っているような状況でした。 

 

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?


2打合せがいつも夜のお客さまがいらっしゃって、
いつもだいたい19:00すぎ、
ちょうどお客さまが夕食を済ませた頃に打合せに伺っていました。

世間話などたわいのない話をして、
最後にちょっとだけプランの話をさせてもらったんです。
「岩本さん、話長いからはしょってよ」なんて言われながら。

そのお宅はご主人が山歩きをして山菜を取るのが趣味で、
「岩本さん、夕飯まだなんでしょ」と、
コシアブラや乳タケなどを天ぷらにして出してくれたことが、
未だに忘れられません。

逆に、大変だなぁと思ったのはどんなとき?


銘木の問屋さんに紹介してもらった木材を仕入れる時など、
トラックはあっても運ぶのは人力です。

この仕事を始めた頃は、体中あちこち痛くて1週間は眠れませんでした。
夜中に体が痛くて目が覚めたことも何度もありました。
木材はけっこうな重さがあるので、普通に担いだら即、腰をやられます。

テコの原理で負担を少なく担ぐコツはあるのですが、
それでもやはり腰を痛めます。
お見せできませんが、肩にも“担ぎダゴ”があるんですよ。

職業病なので仕方ないのですが、椎間板ヘルニアを患い、
神経を圧迫して足にもしびれが来ます。

営業で車を乗りっぱなしの時など、夕方には腰に来るので、けっこう辛いです。
あとは暑いのが嫌いで、体質的に苦手です。寒いのは、ぜんぜん平気なんですけどね。

社内でコレをやらせたら、右に出るものはいない!ことは何ですか?


材木の目利きです。
木材を吟味していて「これなら間違いない、どこにでも使える!」という材木は、
使う予定のお客さまがいなくても買っちゃいます。

「これを使ったらお客さまが喜ぶだろうなぁ!」と思う木材を仕入れています。

材木は立方単価で取引するので、実物を見なくても、
製材所の名前と値段だけで判断して買うこともできますが、
ちゃんと自分の目で見て買うのと、そうでないのとでは全然違います。

北海道~九州まで様々な産地がありますが、
東北の木は寒風にさらされ目がつんで強い一方、
九州の木も台風に煽られ粘りがあるなど、産地によって木の性格も様々です。

そういったことを熟知して、柱にはこれ、梁にはこれ、
とお客さまのお宅にピッタリの木を選ぶことにかけては自信があります。

これからの夢・目標を教えてください


いつも孫や子どもがいて夫婦でゆっくり旅をしたことがないので、

悠々自適になったら、
2人でゆっくりどこかに旅行したいです。

妻と遠くへ出かけると必ずケンカして帰ってくるので、
「お父さんと出かけたくない」と言われているので、ケンカしないで仲良く旅したいです。

妻は大病を患ったのに、
毎日の食事やお弁当まで作ってくれて、
本当に感謝しているのですが、
なかなか「ありがとう」と言えないので、その気持ちも込めて。

 

鬼澤社長のいいところを教えてください

とにかく一生懸命な人です。
25年にわたる長い付き合いですが、
これからもフォローしていきたいです。

会社が真壁町にあった当時、
つくばで住宅の仕事を始めることに対して周囲の風当たりも強かったのですが、
それを乗り越えて専務と2人で始められました。先見の明があったのだと思います。
人間としてもすばらしい人です。

 


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント