【営業】飯塚

お客さまの一番の理解者として、代弁者として。
お客さまの目線で一緒に楽しい家づくりをしていきたい。

1【所属・役職】営業部

【出身】茨城県
【資格・特技】商業簿記2級 建設業簿記3級
【お休みの日は何してる?】
家のお掃除、犬(ユージ)の世話、月に1回、友人とのランチ又は飲み会。
あとは、読書(単行本)です。
特にコレといったジャンルを読んでいるわけではなくて、
例えば車で移動中に、ラジオで紹介されていた本がいいなっと思えば、買ってみる。
そんな感じです。

あなたのお仕事は?

見学会やご紹介のお客さまの一番最初の窓口としてのご案内。
いよいよプラン作成となったら、設計と同行して何度でもヒアリングします。
お客さまのお引き渡しまでの打ち合わせは、できるだけ参加します。

心がけているのは、お客さまの一番の理解者として、気持ちを汲み取ることです。

例えば、設計との打ち合わせでは、
お客さま側の立場で設計に意見を行ったり質問したり。
お客様も想いや不安があってもうまく伝えられないこともありますよね。

それを私が代わりに伝えられればいいなと思っています。
時には設計さんに厳しい目で見られることもありましたが(笑)、
そんなお客さま目線を大切にして11年やってきました。

この会社に入ったきっかけは?

元々は、全くの主婦!
その後、子供が幼稚園に入ったのをきっかけにアルバイト的な仕事を・・・
とはじめたのが、前職の仕事です。

篠屋に入る前は、トステム(株)でアソシエ(営業の補助作業)をしておりました。
私は、篠屋の担当として月に1回程度、
会社訪問をしている時に現在の社長に住宅営業をしてみないかと誘われました。

まさか自分が住宅営業をするなんて!

何の知識もない私が何から始めれば良いか!と思いましたが、
怖いもの知らずとはよく言ったもので、
住宅の知識がないなら、自分を知ってもらうのが良いだろうと考え、
いつまで続くかわからないけど・・・まぁやってみようと思った訳です。

昔から憧れていた業界ではありませんでしたし、
営業職が好きかと言われると「押し売り」のイメージがあって、
自分には向いていないと思っていました。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

2“お客様目線の営業”
このことに気づかせてくれたあるお客さまがいました。
そのお客さまは、1年間やり取りした末にご契約させて頂いたお客さまだったのですが、
不思議だったのは、その1年間、住宅に関する話は一切してくれなかったのです。
そのお客さまは、お会いする時は、庭の花の手入れをしている事が多かったです。

「これは何と言う花か知ってるか?」とか
「花言葉は何だと思う?」とか……

その場で答えられない質問には必ず次の月にはポストに答えをいれておきました。
そんなやり取りをして1年が過ぎたころ、

突然、話が建物の話題になったのです。
構想を聞いてびっくり。なんと120坪の大豪邸。

なぜ私に?

そんな大豪邸、詳しい人ならもっと他にいるのに?

そう思ってもいましたが、
完成後の宴席で「営業が飯塚さんでなければ頼んでなかった」と言われ、
報われる思いでした。

今思うと、そのお客さまは一緒に家づくりをしてくれる、
自分の気持ちをわかってくれる営業を探したのではないかと思いました。
その期待に(1年かかりましたが)応えることができのではないかと。

「家のことを全く知らない私だからこそ、できることはある!」

そう、自信を持てたお客さまとの家づくりでした。

逆に、大変だなぁと思ったのはどんなとき?

一生に一度の家、永く住み続ける家なので、
本来はゆっくりじっくり家づくりを進めていくのがいいのですが、
“価格”、“スピード”が求められる時代ですよね。

その中で家づくりで大切なことを伝えきれない時は、
もどかしい思いになることもあります。

ただ、何より大切なのは、お客さまに後悔のない家づくりをしてもらうこと。

もちろん、お客さまのご要望には応えつつ、
地元で永く続く工務店として、末永いお付き合いをしたい想いを伝えつつ、
お客さまの一番の理解者としてのご提案をしてきたいと思います。

社内でコレをやらせたら、右に出るものはいない!ことは何ですか?

右に出るものはいないとなると、考えてしまいますね。

自分の性格の特徴は、
・わりとどんなお客さまにでも話を合わせる事が出来る(方だと思います。)
・「まっ、いいか!」とすぐに切り替わる
・争い事が嫌い
なことです。

そんな中で素人からはじめて10年以上この仕事を楽しくできたことがひとつの自信かなと思います。

これからの夢・目標を教えてください

多くの方にあなたに頼んで良かったと言ってもらえる様になりたいです。

後は、
OB施主様たちと触れ合えるイベントを
もっともっと開催できたらいいなぁと思っています。

OB施主様とは、住宅のことだけじゃなくて、たまには顔を合わせる関係でいたいですから。

プライベートでは、そうですね。
また休みが取れたら、国内貧乏旅行に行きたいですね。

鬼澤社長のいいところを教えてください

社長は“引きずらない”タイプですね。
いいところ、いろいろありますけど、逆境に強いところですかね。


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント