篠屋の歴史

篠屋の歴史

篠屋の歴史

6篠屋は、大正5年(1916年)に創業者である鬼澤 芳が、木材製材業として真壁郡真壁町(現桜川市真壁町)で「篠屋材木店」を興したのが始まりです。たくさんの方々に支えられ、2016年には100周年を迎える事が出来ました。

鬼澤家の先祖は、真壁城の城下町、当時の樺穂村(現桜川市真壁町)で代々地主を務めていました。昔は近隣に銀行などがなく小売貸などもしていました。昭和に入り太平洋戦争の最中、軍事用納材組合の組合長となり、国家に製材品の納材をするようになりました。

7終戦後、農地解放でほとんどの田畑を手放した後は、木材商に専念するようになりました。長男・次男が病弱だったため、三男が篠屋の二代目として後を継ぐことになりました。その後、四男がつくばに「篠屋材木店 筑波店」を開いたことが、今の篠屋木材工業への足がかりとなりました。

高度経済成長期には、筑波山の「筑波スカイライン」の建設工事で、現場の足場に使う木材を篠屋が納めていました。

昭和56年(1981年)には、筑波店を「建設部」とし、真壁店は、建築業者向けの「木材販売部」へと転換しました。昭和57年(1982年)に、一級建築士事務所として登録、昭和61年(1986年)に社名を篠屋木材工業に改め、現在に至ります。

沿革

大正5年  茨城県真壁郡真壁町大字真壁372番地に、
鬼澤家第11代:鬼澤芳が「篠屋材木店」の店名で、木材製材業を創業

昭和17年 太平洋戦争に伴い、軍事用納材組合組合長となり、国家に製材品の納材を開始
    25年 茨城県筑波郡大穂町大字大曽根2669-4に「篠屋材木店筑波店」を開設
  35年 一般建設業の許可を受け、建築工事業を兼業する
    36年 二級建築士事務所、事務所登録
    45年 真壁店にて製材業を廃業し、第1・第2倉庫を整備し、
  建築業者向け木材販売及び建築工事業に専念
 56年 筑波店を建設部とし、真壁店は、建築業者向け木材販売部とする
 57年 1級建築士事務所、事務所登録
 61年 事業拡張に伴い法人設定を行い、社名を「篠屋木材工業株式会社」とする

平成元年 つくば市鹿島台15-5に、つくば店第2倉庫竣工
2年 一般建築業許可より、特定建設業許可に格上げとなる
6年 つくば店を新社屋に立て替え竣工
11年 住宅性能保証制度業者登録
12年 つくば店第一倉庫を立て替え竣工
14年 つくば店社屋増築工事竣工
15年 モデルハウス建築
17年 NPO法人住まいの構造改革推進協会に加盟
18年 モデルハウス2 建築


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント