つくば市OY様邸


つくば市OY様邸④

こんにちは、営業の飯島です。

つくば市OY様邸新築工事 現場状況その④。

今回はいよいよ上棟です!

 

空模様が心配されましたが、なんとか雨には降られず作業を開始。

いつ降り出してもおかしくない雲行きのなか、

監督の指示のもと、皆で声を掛け合いながら、

ひとつひとつ組み上げていきます。

 

 

午後、上棟式を行う時間は風も吹き始めて、

寒さの中での式となりました。

 

震える寒さのなか、御施主様ご親族の皆さま有難うございました。

そして大工さんもご苦労様でした。

 

改めて気を引き締めて、今後の工事も

安全第一で進めて参ります! どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

それではまた!

 

 

 

つくば市OY様邸③

こんにちは、営業の飯島です。

つくば市OY様邸 新築工事 現場状況その③です。

 

基礎工事、「ベース」に続いて「立ち上がり」の打設状況です。

図面に従い型枠を造り、その中に流し込んでいきます。

ここでの作業も焦りは禁物。

慎重に確認を重ね、確実・丁寧に行います。

 

 

 

 

流し込んだ基礎がしっかり固まるのを確認して、型枠を取外しました。

次は立ち上がりの上に土台を設置する工事です。

プレカットで計算された土台材を図面と照らし合わせ、

ひとつひとつを確認しながら仮置きしていきます。

土台材は「桧」を使用しました。

 

 

 

基礎の立ち上がりと土台材の間に「通気用の基礎パッキン」を設置して、

その上に土台を配置。それぞれをしっかりと固定します。

 

 

こうして土台引きが完成。さぁ次は いよいよ上棟です。

 

 

 

 

 

 

上棟用の「柱・梁」の材料も搬入完了。

雨に備えてブルーシートを掛けて保管しました。

上棟当日も この日のような良い天気であることを空に祈って、

今日はここまでです。

 

次は上棟の様子を御報告します! それではまた。

 

 

 

つくば市OY様邸②

こんにちは、営業の飯島です。

つくば市OY様邸 新築工事 現場状況その②です。

 

建築地に建物の配置を出して枠を造ります。

これを「やりかた」といいます。

次に、建築物の下地となる土壌を平らに均して転圧を掛けます。

基礎図面を元に、基礎位置を計測して現場の土に印をつけたら、

次は砕石を敷き詰めてしっかりと転圧を掛けていきます。

 

砕石の上に「基礎の骨」となる配筋を組み上げます。

ベタ基礎のベース部分と、立ち上がりの部分と、

それぞれにきちんと配筋が施されているか?

設計図通りに安全に行ったか?を検査機関で診断してもらいます。

ヘルメット姿に「JIO」のジャケットの人が検査官です。

もちろん一発合格を頂きました! 

 

 

配筋検査に合格したら生コンを流し込んで、「基礎」を造形していきます。

水分量への気遣いや、気泡が出来ないように、

手作業で混ぜ合わせながら行う作業員。

経験値を必要とする熟練のプロ仕事です。

 

こうして均等に流し込んだコンクリート。

自然乾燥でしっかりと固まるまで数日。

時を待ちます。

 

それでは次の工程をお楽しみに! 飯島でした。

 

 

 

つくば市OY様邸①

つくば市OY様邸の地鎮祭を行いました。

穏やかな陽気に包まれた朝。

きっとこの地に住まわれる神様も穏やかな お方なのでしょう。

 

シノヤ と OY様で選んだお宅は、

垂木化粧を施した『純和風の平屋』です。

断熱・機密など、現代の機能性も合わせ持ちつつ、

立派で素敵な和風住宅を造っていきます。

 

安全祈願も無事に完了。

さぁ!家づくりに励みます!

 

 


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント