つくば市OY様邸②

こんにちは、営業の飯島です。

つくば市OY様邸 新築工事 現場状況その②です。

 

建築地に建物の配置を出して枠を造ります。

これを「やりかた」といいます。

次に、建築物の下地となる土壌を平らに均して転圧を掛けます。

基礎図面を元に、基礎位置を計測して現場の土に印をつけたら、

次は砕石を敷き詰めてしっかりと転圧を掛けていきます。

 

砕石の上に「基礎の骨」となる配筋を組み上げます。

ベタ基礎のベース部分と、立ち上がりの部分と、

それぞれにきちんと配筋が施されているか?

設計図通りに安全に行ったか?を検査機関で診断してもらいます。

ヘルメット姿に「JIO」のジャケットの人が検査官です。

もちろん一発合格を頂きました! 

 

 

配筋検査に合格したら生コンを流し込んで、「基礎」を造形していきます。

水分量への気遣いや、気泡が出来ないように、

手作業で混ぜ合わせながら行う作業員。

経験値を必要とする熟練のプロ仕事です。

 

こうして均等に流し込んだコンクリート。

自然乾燥でしっかりと固まるまで数日。

時を待ちます。

 

それでは次の工程をお楽しみに! 飯島でした。

 

 

 


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント