人と人とのおつき合いの中で積み重ねていく家づくり

人と人とのおつき合いの中で積み重ねていく家づくり「あったかい家」


人と人とのおつき合いの中で積み重ねていく
“あったかい家”

私たち篠屋木材工業の家づくりは、
その家の空間がつくる暖かさだけでなく、
人と人がつくるからこそ感じられるあたたかさを大切にした家づくり。

ひと家族、ひと家族違う事情やご要望に応じて、
何度でもとことん行うプラン設計。

出来上がりを一つ一つ確かめながら進める施工。

そして何より、家が完成してからのお付き合い。
家づくりを一緒にやらせて頂いたお客様との出会いに感謝し、
地元で100年続く工務店だからこその繋がりを大切にしています。

まるで親戚に頼むような安心感。

お客様からお客様を紹介して頂くケースが多い篠屋。                   私たちは人と人との繋がりを大切にしております。 

OB様とは友人又は親戚のようなお付き合いをさせて頂いており               家づくりのプロとしてお客様から信頼されるだけではなく                 些細なことでも相談して頂ける身近な存在でありたいと思っております。                                                  

20年、30年、50年・・・と住み続ける家だから。

なぜ私たちがそのような家づくりにこだわるかと言うと、
家は、ずっと住み続けるものだから。

家を建ててからの暮らしがより安心して過ごせること。
これこそが家づくりにおいて何よりも大切であり、
本当の意味でのいい家ができたと言えると私たちは考えています。

家族の変化に合わせて変わる住まい方。

家族が長く暮らすなかで起こる変化。
例えば、一番大きな変化はやはりお子さんのことでしょうか?

お子さんが生まれ、成長し、巣立っていく。
そんな喜ばしい家族の成長に合わせた変化が住まいにも必要。

そんな時にお客様にとって一番の必要なこと・・・
それは、まず気軽に相談できる“プロ”の存在だと私たちは考えています。

「このキッチンもう少し便利にならないかなぁ・・・」
「もう少し、木の感じ、自然な感じを家に取り入れたいけどどうすれば・・・」
「階段に、ちょうどよく力の入る手すりをつけたいのだけど・・・」

そんな時に気軽に相談できる“親戚のようなプロの存在”がいること。

この人に任せておけば大丈夫だな!

その安心感こそ、
お客様が本当に安心して過ごせる
“あったかい家”が出来上がるために一番必要なこと。


繰り返しにはなりますが、
家の仕様やスペックに代表される“モノ”だけではなく、

一緒に寄り添える、永い付き合いのできるプロの存在があってこそ、
本当の意味でお客様にとっての“いい家”ができる。

そう考え、
まずお客様との「会話」を大切にした家づくりをこの地元で続けてきました。

そんな篠屋の家づくり。
今少しお時間ございますようでしたら、是非コチラのページもご覧ください。

▼篠屋の家づくり4つのルール
main_04_o

▼木材商100年の歴史、木への拘り
main_05_o

▼オーナー様との繋がり
main_06_o

▼お客様インタビュー
shinoya_bn_013

このページを読んでもしご興味お持ちいただけましたなら、
是非一度、イベントや見学会にご来場ください。

きっと目で見る、文字を読む、だけでは伝わらない、
家のあたたかさ、木のあたたかさ、そして人のあたたかさを感じて頂けることと思います。

このページをお読みただいている皆様とお会いできますことを楽しみに、
ドキドキワクワクしながらお待ちしております。


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント