平屋or2F建て

       ~ 平屋or2F建て ~

23k_rs

せっかく予算をかけて作った2階が
子供が自立したあとには、散らかり放題。

2階に上がるのが面倒で、全く使わない
そういった声をよくききます。

老後を考えると、理想は平屋が一番。

分譲地という限られた敷地内で平屋を計画することが
難しいという条件のなか

建物を立体的に考え、15年先も無駄な空間
が生まれない住宅をつくりました。

 

 

kenchikuchu

 

 

 

 

81_rs

玄関です。

玄関脇には土間収納が設けられ

82_rs

土足またはホール両方からアクセスできます。

78_rs

棚組は効率良い収納とするため

収納物を事前にヒアリングし

それに合わせ大工さんが造作でつくります。

 

玄関ホール脇の洗面とトイレです。

73_rs

洗面をトイレの外に配することで

プライベート性の高い洗面脱衣室を使用すること無く

来客者に手を洗って頂けます。

 

もちろん、洗面室が家族で混みあう朝なども

洗面台が2つあることで重宝します。

 

LDKは区切らずワンルームにし

リビングには大きな吹き抜けを設け

階段を配しました。

38_rs

43_rs

ダイニングの畳敷には框を、キッチンとの境目には垂れ壁を設け

空間としてはつなげながらも

少しずつ異なる場所を程よく区画しています。

 

また階段下には蓄熱暖房を設置し

49_rs

50_rs

暖房を使用しない夏季には

格子引き戸で機器を隠せる工夫をしました。

15_rs

吹き抜けには電動遮光ブラインド付きの天窓が設置され

リビングの明るさを容易に調整することができます。

54_rs

奥様の希望で

キッチンや洗面脱衣の動線を一直線に揃え

効率的な家事動線を確保いたしました。

61_rs

また洗面室と

63_rs

脱衣室を別々にしストレス無く家事ができるようになっています。

高い位置に窓を開けることで

暗くなりがちな北側の水回りを明るくしています。

65_rs

お風呂は大きめの1.25坪タイプ。

標準的な1坪タイプに比べ、洗い場が大きく

子供のいるご家庭に好評です。

67_rs

10帖の寝室はシングルベッドを2つ並べても

ゆとりあるベッドメイキングが可能です。

寝室には

71_rs

4.5帖のウォークインクローゼットがあります。

既存のタンスなどが効率よく収納できる形に造作しました。

二階に上がると

04_rs

19_rs

6帖の子ども部屋が二部屋あり

通常デッドスペースとなる小屋裏空間を有効利用しました。

天井が斜めになっていますが、子どもたちがワクワクするような空間になりました。

 

十五年先を見据え、子どもたちが自立した後には

ゆとりある平屋として無駄なく使える、平屋のような家が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


資料請求 イベント情報 お問合わせ
無題ドキュメント