改元と ブラックホ-ル 花のころ

こんにちは、設計の飯島です。

桜が、ようやく散り始めました。

今年は、何となく、花持ちが良く、長く咲いていたように思う。

筑波山の桜も、今年は特別、見事に咲き誇りました。

有名な梅林も、大勢のカメラマンがシャッタ-を、押していました。

サクラ さくら 桜 SAKURAでした。

見知らぬ方々との、会話も弾みます。

この前は、年輩のカメラマンと会話。「変わったカメラですね」「何いってんだ、カバチョンだっぺよ」「また、ま-た ご冗談を」 お互いに笑い出しました。

さていつもの散歩道、旧筑波駅近くの ひうちヶ池の大桜もごらんの通り。

毎年のように訪れている御夫婦もいました。

奥様は、足を悪くし、両手に杖を持っていましたが、じっと眺めていました。

会話しているようでした。

右手の横に伸びた大枝が、「ヤァ-お元気」と頭を撫ぜようとしているよう。

 

 

桜と言えば、かっては「西の吉野、東の桜川」と言われていました。

震災後、気になっていた、桜川市の富谷観音、三重塔に再会しました。

約10年ぶり。

不老不死のいわれのある、延命水を少し口に含みました。

柔らかい感じ。(お腹に自信のない方は、気をつけてください。)

楼門をくぐり、石段を登りきると、三重塔。

この朱は、シルクロ-ドの流れを反映しているようだ。

相変わらず、優美なたたずまい。

ほっとしました。

立ち上がったのは、今から550年前の室町時代。

現在、国指定重要文化財、戦前は国宝でした。

同時代の国宝、山口県の瑠璃光寺、五重塔によく似たスレンダ-な胴体、優美な屋根の反り。

作者は宗阿弥系統の大工。

阿弥衆と言えば、当時の芸術家集団、例えば世阿弥、有名ですね。

訪れた方々は、無言のまま、ただ立ち尽くしていました。

 

ではまた

 

 

 

筑波嶺や 笑ふ山へと お座替り

こんにちは、設計の飯島です。

いつの間にか、春の小川はさらさら の季節になりました。

桜もまもなく開花ですね。

先週の筑波山、一足早く、河津桜が咲き始めました。

いよいよ、山の神様の衣替え、御座替り祭が4/1に行われます。

春本番を迎えます。

先日、久し振りに霞ヶ浦を東廻りに移動。

石岡市の高浜から、小美玉市の湖岸を散歩してみました。

今は、サイクリングロ-ドが整備され、休日になれば、賑わいを見せます。

んっ、湖面には、きれいな潮目が。

さらに東に。

岸辺は雄大に、大きな弧を描いています。

ここが、茨城百景の桃浦。昭和25年指定。

昨年TVでも紹介されました。

確か、主演は火野 正平氏だったかな。

やがては、旧玉造町の近くへ。

なんと、今や珍しくなった砂浜がありました。

散歩中の地元の方にお聞きすると、ヨシ原をきれいに刈り取り、子供の頃の砂浜を復活させたとの事です。

地元に誇りを持ち、この浜はいかに大切かの、語らいでした。

 

日が傾き始めました。

波の煌きが、心地良い。

次回は、西廻りに。

美浦の先、浮島を目指してみようと思う。

この水郷散策は、昭和7年刊の「京成から水郷へ勝地漫画」がきっかけです。

日暮里からの京成電鉄沿線の紹介本、今のガイドブックを見たからです。

船橋競馬場、谷津遊園地、成田山、千葉海水浴場、小見川の街並み、銚子、潮来、牛堀、浮島、筑波山等。

味のある、水郷の風情です。

挿絵は、ユ-モアあふれる、森 香雨 画です。

この地方は一大観光地、日本のベニスと称されていたようです。

当時は船での旅がメインでした。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茹でだるま

 

 

お久しぶり 事務の鬼澤です

ブログを書くのをさぼっていましたが元気にしていますよ

先日買ってきた卵が大きかったので 絶対双子だと確信して茹でました

切って見たらやはり双子  昔は双子の卵を食べると双子が生まれるからって
親が食べていました  今は滅多に双子の卵なんて見られませんよね
家の子供たちも生まれてから 双子の卵は2~3回位しか見ていないかも

お弁当に入れました

卵の切り方がへたくそですね

かわいいでしょ

ゆでだるまです

カップヌードルミュージアム

こんにちは。事務のマミコです。

 

横浜のみなとみらい付近にある『カップヌードルミュージアム』
へ行ってきました。

 

朝ドラ効果もあってか、たくさんの人で賑わっていました(^O^)/

 

 

 

 

歴代の商品がずらっと展示されていました!!
懐かしいものがたくさん並んでいて、とても楽しかったです!(^^)!
知らない商品もたくさん…
開発する人たちの発想力のすごさに驚きました。

 

 

 

全部で3000個ほど並んでいるそうです。
こうして並べてあると圧巻です!!

 

 

麺の中に英語が隠れています♪

 

 

マイカップヌードルも作ってきたのですが
パッケージに絵を書くときに
自分の絵心のなさとセンスのなさにがっかり…
なので写真は省略します((+_+))

 

 

 

安藤百福さんと仁子さんのコーナーも見どころ満載でした。

とっても楽しかったです♪

 

 

薄氷や ダイヤの筑波 輝けり

こんにちは、設計の飯島です。

まだまだ早朝は少し寒く、川面に薄氷(うすらい)が残ります。

この前、久し振りに、筑西市母子島に出かけました。

ダイヤモンド筑波を眺めながら、のんびり散歩の予定でしたが、なんと人、人、人——–。

500人ぐらいかな。

有名撮影スポットになっていました。

県内ナンバ-より、県外ナンバ-が多かったです。

これはしょうがない。

新しい場所を探索するつもりで、離れた所に車を止め、撮影が終わるのを待ちました。

上の画像は、母子島から少し離れた小貝川沿いからです。

この景色の雄大さは、地球は命ある惑星である事が実感できます。

月から地球を眺めるのと等しい。

また、太陽のありがたさもです。

やがて、すっかり明るくなり、春霞の景色になりました。

この画像は、平安時代の頃まで存在した幻の湖 鳥羽の淡海(おうみ) からの眺めのようです。

筑波山中のハクビシンです。

生き物たちも動き出しました。

この筑波山は、12日の出社の途中からのものです。

最後の場面は、大曽根からのもの。

江戸時代から、江戸、守谷、玉取 一の矢神社、大曽根、北条、神郡、筑波山への巡礼コ-スがあり、今も昔も変わらない景色です。

 

では また。

さえずりに 猫ジャンプせり 春隣

こんにちは、設計の飯島です。

まだまだ寒さはつのりますが、いかがでしょうか。

暦は、もうまもなく立春になります。

生き物たちも、にわかに活気付いてきましたね。

この前の庭の野良猫たち、体長の4倍ほどの大ジャンプ、お見事。

昨日は、久し振りに筑波山梅林散歩。

いつの間にやら、あたりは、この花 あの花 になりました。

柔らかい日差しが心地良い。

梅祭りは、まだ先なのに、観梅客が多くいました。

弁当箱を開ける方、カメラ片手、ただ静かに眺める方、おそろいの服でウォ-キング、様々。

この紅梅は、昨年初めて知ったのですが、パワ-スポットだそうです

ここからの眺めは、関東平野の雄大さを実感できます。

山中の整備された梅林は、全国的にも珍しいので、祭りの時は大賑わい。

年配者、体の弱い方対応の連絡バスが、駐車場から展望台まで運行します。

祭り期間は、2/16—-3/21。

今年は何となく、早く散りそうな感じ。

多分、春の嵐も早まるそうです。

マジックショ-、ガマ口上の舞台のセッティングも始まっていました。

 

春の風物詩、筑波の野焼きも始まりました。

田のあぜ道に、火が放たれ、まさに 火 と 田 の 畑 です。

学園都市方面、あちこち煙があがっています。

この煙が合図で、豊饒をもたらす山の神様が目覚めます。

いよいよ 春 です。

では また。

 

 

うがい・手洗い

こんにちは。

冬至を過ぎてから陽が長くなっていくのを感じ少し嬉しい塚原です。

 

 

さて、皆さんは日頃から「うがい・手洗い」をされていますか??

 

感染症をはじめ、これから来る花粉対策のためにも「うがい・手洗い」を

徹底していこうと思っております。

 

特に花粉の時季には「鼻うがい」もしていますよ☆

ドラックストアで専用の液体と容器を購入して鼻うがいをすると、

痛みが無いので続けやすいです。

 

 

乾燥した天気が続くと何かと病気にかかりやすいので、

お身体ご自愛くださいね。

 

 

 

 

 

初筑波 改元なれど ここにあり

突然ですが、めでたい この猪の土偶は、下妻市立博物館所蔵の縄文時代のものです。

ピョコンとした、耳と尾の形が今風で面白い。

人と戯れているように見えます。

 

明けましておめでとうございます。

設計の飯島です。

正月休みも、あっと言う間に過ぎ去りました。

年々スピ-ドアップしているような感じ。

年末は、何十年ぶりか、紅白歌合戦を最後までみました。

演出とわかっていても、ユ-ミンとサザンの存在感は、やはりすごい。

桑田クン、と話しかける姿は微笑ましい。

元旦は晴天に恵まれました。

今年の恵方位は、東と西という事で、早速、東にお参りに。

上の画像は、筑波山中腹の白滝神社。

まだ薄暗い。

ウワッ、寒い。

かえって差し込む日差しが、ありがたく感じます。

上の画像は、旧明野町の母子島からの筑波山。

茜色に染まる時間の流れ 移ろい が、美しい。

最後に、いつもの散歩道の筑波山。

ひときわ、夕日が綺麗。

富士山は、中腹からのものです。

秀麗という言葉が当てはまりますね。

火山であるが恵みの山、まさにアンビバレンツな、霊峰富士。

ではまた。

 

 

 

 

 

日立のお惣菜屋さん

こんにちは。事務のマミコです。

日立に行く用事があったので友人おすすめのお惣菜屋さんに行ってきました。

 

お店のメインメニューはおにぎり!!

サケや梅など定番のものから古代米などの珍しいおにぎりもあります。
具もおいしいのですが、握り具合とふんわりもっちりとしたお米が絶妙です(*^▽^*)

 

 

こちらのから揚げも絶品です!!
濃い目の味付けがやみつきになります。
たくさん買って帰りました♪

 

きんぴらごぼうは太めのごぼうとにんじんです。
やわらかく、しっかり味が染みこんでいます。

 

 

他にも、おはぎやのり巻き、カツ丼などたくさんのメニューがあります。

 

 

 

日立方面に行った際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

それではまた。

 

 

行く年や たけき巳の神 静かなり 

こんにちは、設計の飯島です。

今年最後の投稿となります。

ここ10日ぐらいの間に、目まぐるしく気温が変動しましたが、如何お過ごしでしょうか。

以下の画像はその頃のもの。

少し暖かだったので、「秋の桜川散歩」が開催されている桜川市へ。

古刹 椎尾山薬王院。

往時の賑わいはありませんが、参拝客は絶えません。

見所は、天台密教、山岳寺院の伽藍配置が残って事と、成田山新勝寺 堂塔の作者と同じ三重の塔が現存する事です。

この日は、室町時代から鎮座する 巳(蛇)の神様の特別御開帳。

指定文化財、桐の木像。

造りは素朴であるが、かえって力強い。

内に秘めるパワ-が感じられます。

イメ-ジとしては燃えるような紅葉。

薬師様の守り神、十二神将の一柱、インド、チベットが故郷、たぶん水を司る竜神でもあると思う。

神仏習合の姿。

樹齢500年以上のスダジイの大木。

圧倒的存在感。

1550年(室町時代)の山火事がなければ、伽藍の歴史から、1000年以上の樹齢があってもおかしくない。

つまり現在は、再生しつつある姿です。

見る者は、この瞬間を立ち会っている事を感じるでしょう。

とかく自然はたくましい。

同時に、古から人々の手により、特に地域の方々により育てられ、

人と自然との共存の姿がかい間、見えます。

桜川市の隣、旧明野町からの筑波山、左側の隅の方の小高い丘が椎尾山です。

この辺からの山並みは、どっしりしていて神々しい。

スカイツリ-が見えると、いよいよ冬本番。

しかし、今年も自然はアンビバレンツな姿を見せつけました。

では良いお年を。