雨上がり 春の妖精 ウキウキと

こんにちは、設計の飯島です。

桜も散り、はや5月はもうすぐです。

それにしても、今年は開花が早いですね。

庭のボタンも、もう散り始めています。

例年より、2、3週間スピ-ドアップ。

久し振りに、筑波山中を散歩しました。

ここは、旧筑波駅の北西、真壁寄りの旧上大島駅の近くです。

りんりん道路からの眺めです。

筑波山は一つの峰に見えます。

右側が表筑波、左側が裏筑波です。

まずは、裏筑波、10日ぐらい前の画像です。

相変わらず、今年も春の妖精の代表、カタクリがあたり一面咲き誇っていました。

落ち葉の隙間から、顔を出し、皆々でささやきあっているようです。

楽園とはこの事でしょう。

この花も、春の妖精、キクサキイチゲ(菊咲き一華)。

漢字読みをすると、なるほどと感じます。

このあたりでは、白と青が混じっています。

数はカタクリより少ない。

他の地域では、絶滅危惧種に指定されています。

大切にしましょう。

ソォ-ッと落ち葉の上は歩きましょう。

途中、ムクドリに出会いました。

 

さて、次は表筑波、3日前ぐらいの画像です。

何となく、空気が湿りを帯び、雨がやって来そうです。

地平線の中心は、新宿都庁です。

まず中腹の梅林、すっかり初夏の装い。

早くもツツジが満開です。

なお、4/21-5/20まで、筑波山ツツジまつりです。

ツツジと言えば、山頂付近にしか咲かない、透明な紫色のトウゴクミツバツツジ。

1000m以上の高山にしか咲かない、貴重なものです。

これも、氷河期の忘れ物かもしれません。

個人的にはケ-ブルカ-からの眺めが、最高です。

4/21は、訪れた方々にツツジの苗がプレゼントされるようです。

このブル-な花は、ホタルカズラ、忘れな草より少し大きいです。

少しくすんだ、春の青空のようです。

数は全く少ない。

改めて、大切にしましょう。

最後に、ヤマブキです。

野に咲くものか、八重でなく一重です。

初夏を告げる花です。

では また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA